養液栽培システムを移設

私たちの農園の心臓部ともいえる養液栽培システム「バッグカルチャーシステム」を移設しました。このシステムはブルーベリーにとって最適な環境をつくってくれます。つまり私たちにとっての心臓部となるわけです。その様子を紹介します。

続々と資材が届きました

農園にどどんと資材が届きました。
#60ポット440個ブルーベリー専用培地「アクアフォーム」220袋です。

私たち
私たち

アクアフォームを運んでくれた運転手さんは、「昨年も頼まれましたよね~。」と私たちのことを覚えてくださいました。

さらに、かん水に必要な配管も大量に届きました。

巻かれた状態で届くので、巻きグセを直さなければなりません。
正しい手順で広げないと配管がねじれてしまうのです。
まっすぐに伸ばし、ピンで留め、数日の間農地で広げておきました。

こうすることで、農地に配管を直線で伸ばすことができます。

私たち
私たち

主配管は50mあります。重いです。

いよいよ移設作業

(株)オーシャン貿易の担当者のお二人が、私たちのために遠路はるばる真岡市に来てくださいました。
運転時間はなんと8時間!今回は2日間に分けて移設作業をしてくださいました。

まずは、自宅に設置してあったシステムを解体します。
もちろん、再利用する部材はそのまま使います。

この間、ブルーベリーへのかん水はストップしています。

そして、農園へ。
物置の中と外で、配管のレイアウトを決め、手際よく作業していきます。

今回、農地が広いこともあり、システムから3系統の主配管を伸ばします。

私たち
私たち

農園にとって、まさに「心臓部」です。

井戸から500L のローリータンクに直結して貯水します。
そこから、システムを経て、3系統に分かれ自動かん水してくれます。

システムが稼働する前に、肥料つくりです。
マニュアルにあるとおり、正確な量でつくっていきます。

大切なのは日々、ECとpHの値を測りしっかり管理していくこと!

正しい値になるよう、システムで濃度を変えたり、液肥タンクへ水を加えたりし、何度も何度も計測しました。
この調整に慣れないといけません。

栽培指導

オーシャン貿易の担当者から、現在の生育状況についても、しっかり指導してくださいました。
剪定の様子、摘蕾の具合など、事細かに教えてくださり、いつも勉強になります。

花の数や葉の様子を見て、「想像以上によく育っていますね。」とお褒めの言葉をいただきました。

私たち
私たち

栽培指導のお陰です!

この辺りは小動物はよく出没するので、かん水チューブが食べられないか心配していました。まだ、ネットを張っていないため、できるだけ地面に垂らさないようセットしました。

また、この農地は交通量が多い場所でもあるので、盗難が心配です。
ですが、オーシャン貿易の担当者によると、ポット自体がとても重いのと、専用培地で育てていることもあり、盗難はめったにはない、とのことでした。

私たち
私たち

それでも気は抜けません。

次の作業は、空のポット440個に専用培地を詰め込む作業と、今年度購入した苗の植える作業です。
毎日が忙しく過ぎていきますが、青い空の下で行う農作業は大変でもありますが、楽しさの方が勝っています。

私たち
私たち

オープンまでやることだらけですが、頑張ります!

BLUEBERRY BASE MOKAブルーベリーベースもおか

今度の休日どこ行く?

BLUEBERRY BASE MOKAで
いつもとちょっと違う休日
ゆっくり時間とそとあそび

栃木県真岡市いがしらリゾートに隣接した
元保健師と元保育士の女性二人が運営する
ブルーベリーつみとり観光農園です。

ブルーベリー狩りのご予約はこちら

開園準備
Please follow me !

コメント